ホーム >学習会「生活困窮者支援−なぜ今、社協か?・社協らしい支援を探る」を開催

 
 
 
 
都本部の取り組み 2014年
 
 
 
 
学習会「生活困窮者支援−なぜ今、社協か?・社協らしい支援を探る」を開催(2014年10月18日)

 

 都本部公共サービス民間労組協議会社協労組連絡会は、10月18日、「生活困窮者支援−なぜ今、社協か?・社協らしい支援を探る」と題し学習会を開催しました。
 今回の学習会は、来年4月1日から施行される「生活困窮者自立支援法」に対応するため、法律のポイントをおさえつつ、モデル事業に取り組んでいる社協の担当者をお招きし、実践報告を受けながら課題の共有化をはかりました。



 
Copyright (C) 2007 Jichiro Tokyo All Rights Reserved.